就職、転職をする際に必ず行われるのが面接です。書類選考や採用試験を通過して面接に至った場合、職歴や資格などビジネススキルにおいては問題がないという判断をされたことになります。では、面接では何を見られるのでしょうか。

面接では、書類では読み取ることのできない社会人としての基本的マナーを身に付けているかどうか、コミュニケーション能力はあるかどうかなどのヒューマンスキルを確認するものであると言えます。

面接時に必ず質問されるものに「志望動機」があります。この志望動機が面接担当者の心に留まるものがあれば面接はより成功に近づきます。さらに自己PRが上手くいけば、面接は成功したも同然と言えるでしょう。しかし、この相手の心に訴えかけるだけの志望動機と自己PRを行うことはそう簡単なことではないのです。時間をかけて自己研究と応募先の会社の研究をしっかり行う必要があります。その作業を面倒に思ってつい市販の面接マニュアル本などに頼ってしまう人も多いようですが、それではマニュアル通りの可も不可も無いありきたりの受け答えとなってしまい、面接官の心に訴えかけることはできないでしょう。逆に「またありきたりの同じ回答」と思われ、マイナス評価に繋がることにもなりかねません。

ここで考えなければならないのが、それらを逆手に取ることです。世の中には非常に多くの面接関連の本が販売されています。つまりそれだけ多くの利用者がいるということです。採用試験を通過したにも関わらず面接で落とされてしまったとしたら、面接への望み方を間違えてしまったと思われます。そこで大切なのが、自分独自の志望動機や自己PRをしっかりと構築すると言うことです。そうすれば、高い倍率の面接もきっと突破できることでしょう。

このサイトでは、面接を受ける際の大切なポイントや、志望動機、自己PRの構築についてもわかりやすく解説していきます。当サイトが、これから面接に望む方に利用していただき、お役に立てることができれば幸いと思います。